一茎庵   
  鉄瓶 
   
トップ 店主の一言 メニュー ご予約 素材紹介  アクセス
 食材在庫 料理紹介  一茎庵の住人たち  おみやげ販売品 リンク  生産者紹介 
 
野菜 出汁 乾物
調味料 穀物 珍味・発酵食品 その他 
 
     
     
新しい一茎庵の仲間です。
   
サンクトガーレン
ゴールデン・エール
 
  サンクトガーレン
YOKOHAMA KPA
 
サンクトガーレン ゴールデン・エール    サンクトガーレン YOKOHAMA XPA 

先ずビールで乾杯と言う時にぴったりです。
一茎庵の前菜との相性も良いビールです。
 
 
ホップをこれでもかと効かせた、
昔ながらの味のビール。
苦みがクセになります。
店主一押しのビールです。
 
 店主よりのお願いです。
 
最後の一杯は飲み干さないで、グラスの少し残して
やや高い温度で試飲してみて下さい。
また、違った世界が広がります。

このサンクトガーレン。
どの温度がお客様に合っているか、ぜひご自分でも試してみて下さい

では、今日、サンクトガーレンとの一時のお戯れをお楽しみ下さい。
 
     
酒はやっぱり生酛
     
   人工的な添加物を一切使用しない伝統製法で、 
自然界の微生物に全てをゆだねて醸したお味。
自然な味、ふくいくたる味をお楽しみ下さい。  
   
 
菊正宗 嘉宝(兵庫)
  
  睡龍 生酛純米(奈良) 
菊正宗 嘉宝    睡龍 生もと純米 

日本酒の一つの極地。
店主が最も旨いと思っている大吟醸酒

但し、食中酒として、ベストになる様に
いわゆる吟醸香は有りません。

店主はこれを飲むと
日本酒万歳!と思ってしまいます。

ちなみに、店主は通常は水割り熱燗ですが、
正月は、この酒の冷やを飲んでいます。

価格は、0.7合 ¥990 
 
日本酒はやっぱり生酛。
その生酛の良さが存分に
出ている酒

是非、試してみて下さい。 


価格は、一合 ¥800
 
     
極上 白鷹(兵庫)
 
  菊正宗 雅(兵庫) 
極上 白鷹     

店主一押しのお酒。日本酒の最高峰の一つ

今は、地酒主流の時代ですが。
やっぱ、灘の技術はすごい!

これは、香りのない大吟醸酒で
食中酒として、本当にすごいんです。

是非是非お試しを・・・・・。

価格は、一合 ¥990
 
 
Mr.生酛と言うような酒。
日本酒の最高峰の一つで、
しみじみ飲むのに最適。

やはり、菊正宗の技術力。
たいしたもんです。

価格は、一合 ¥990
     
花垣 米しずく 生酛(福井)

  日置桜 鍛造生酛強力(鳥取)

 
花垣 米しずく生もと    日置日置桜鍛造強力 

店主の大好きなお酒で、
熟成した日本酒の良さがにじみ出ています。

ぜひぜひ お試しを・・・・・。

価格は、一合 ¥800
 
 
有名な内田種園の自然農法で栽培された強力を
70%精米で作った酒。

米の旨味を生かした飲み口さわやかな酒です。

体にやさしい無農薬米の項と重複

価格は、一合 ¥800
 
     
麓井 生酛純米まどか(山形)
  
  大七 自然酒(福島) 

麓井生もと純米まどか    大七 自然酒 

のんびり、しみじみ飲むのに最適
何せしみじみ。
ほっとする味です。

価格は、一合 ¥720

 
 
生酛造りで有名な大七が、
地元の有機有機五百万石で醸したお酒です。

生酛の良さがにじみ出ています。

体にやさしい無農薬米の項と重複

価格は、一合 ¥850
    ↑TOP 
コストパフォーマンスに優れ当店の主力商品です。
     
     
独楽蔵 無農薬米(福岡)
 
   大矢孝酒造 昇龍蓬莱特別純米(愛川町)
独楽蔵 無農薬米    昇龍 蓬莱特別純米

無農薬米のお酒で、熱燗に最適。
ほんのりとした味が楽しめます。

体にやさしい無農薬米の項と重複

価格は、一合 ¥720
 
 
スッキリした飲み口の中に、コクがあり
つまみとの相性の幅が広い酒。

毎日飲んでも飽きない、
酒の本道にばく進しているお酒。
 
価格は、一合 ¥720

     
貴 辛口純米80%(山口)
 
  旭菊 大地 純米(福岡) 
貴 辛口純米80%     旭菊 大地 純米

80% 精米酒

吟醸の反対で、
米の旨味を余すことなく伝えています。 

価格は、一合 ¥550
   
無農薬米のお酒で、熱燗の王道を行く味です。
イメージとは異なり、
南に行く程熱燗酒の宝庫なのです。
(北は冷や酒)

体にやさしい無農薬米の項と重複

価格は、一合 ¥720
     
紀土 純米(和歌山)
 
  まつもと 特別純米(伏見) 
紀土    まつもと 特別純米 
 
酒蔵全員が若者で、まだ荒削りですが
我が子のように年々の生長を楽しみながら
育てて下さい。

是非お試しを・・・・・。

価格は、一合 ¥480
 
コストパフォーマンス№1

日本酒の原点

第1回世界日本酒コンテスト準優勝酒で、
つまみとの相性の幅が広く
毎日飲んでも飲み飽きしない酒。 

価格は、一合 ¥550
     
料理とお酒の相性   

一茎 朝酒庄助さん(山形)
平成11年仕込

 
  一茎 真夏の熱燗(山形)
平成19年仕込
 
一茎 朝酒庄助さん    一茎 真夏の熱燗 平成19年仕込 

昼間飲むのにピッタリ

米は山形県産はなの舞 
精米歩合70%の12年古酒 

味が濃厚な為、水で割ってもOK
店主はアルコール度数 8°まで水で割って
熱燗で飲んでいます。

また、何のつまみとも相性が良いので、
まさに朝酒・昼酒にピッタリ。

店主の好きな酒の一つです。

価格は、一合 ¥880


お勧めは水割り熱燗
  
価格は、一合 ¥480
  
 
暑い日には・・・・。
 
何てったって暑い日には熱燗
そう、江戸時代には、甘酒は夏の飲み物
俳句の世界では、甘酒は夏の季語

余談ですが、冷麺は元来冬の食べ物

寒さを持って寒さを制し、
暑さを持って暑さを制します。

夏の暑い日には、この酒の熱燗が、
サッパリして本当に旨いんです。

ちなみに、米はササニシキ 55%精米で
平成19年仕込の4年古酒です。

店主の好きな酒の一つです。

価格は、一合 ¥680

これも、他のテーマと重複していますが・・・。
     
菊姫純米古酒(石川)
平成10年仕込

   大矢孝酒造 昇龍蓬莱純米吟醸(愛川町)
平成20年仕込

菊姫純米古酒 平成10年仕込    昇龍蓬莱純米吟醸平成20年仕込 

スパイシーな印度カレーなら・・・・。 

相性とは何か、これを飲むと分かります。
冷・燗・水割り燗共に相性抜群です。

是非お試しを・・・・・。

いつか機会があれば、
印度カレーをリクエストしてみて下さい。
そして、お試し下さい。

価格は、一合 ¥840

   
生パスタディスペラート(ペペロンチーノ)なら・・・

生パスタのディスペラートと相性抜群。

いつか機会があったら、
ディスペラートを注文してみて下さい。

そしてお試し下さい。

これも、他のテーマと重複していますが・・・。

価格は、一合 ¥840
     
天青防空壕貯蔵(茅ヶ崎)
平成19年仕込
 
  一茎 有機山廃(伏見) 
天青防空壕貯蔵平成19年仕込    一茎有機山廃 

このお酒はあっさりした料理には全く合いません。

しかし、チーズ・バター・油料理には、
なんせ相性抜群。

マリアージュとは何かが分かります。

ピザ・焼きネギの酢みそ和え・餃子・野菜たち・
マグロ剥き身の酢みそ和え・
 焼野菜ゴルゴンゾーラソース・
そして冬の一茎庵のスペシャル料理
ほうれん草木嶋風
にもドンピシャ。

是非、マリアージュの世界
一度体験してみてください。

価格は、一合 ¥720
 
何てったって、もりそばにはこれ。

そばつゆには、このお酒が大量に使われています。

ちなみに、
このお酒700ccから 700ccのそばつゆが出来ます。 

他のテーマと重複していますが・・・。

価格は、一合 ¥780
    ↑TOP 
  体に優しい無農薬米 
(何と言っても飲み飽きしない)

日置桜 鍛造生酛強力(鳥取)

 
  自然酒 大古酒(山形)
平成5年仕込
 
日置日置桜鍛造強力    自然酒大古酒 平成5年仕込 

有名な篤農家「内田百種園」の酒米強力
米の良さを生かす為、70%精米にして作りました。

米の旨味たっぷりの、飲み口さわやかなお酒です。

価格は、一合 ¥800
 
   
山形の無農薬米コシヒカリで醸したお酒。
18年間ゆっくり蔵の中で寝ました

コクがあってスッキリ飲み飽きしないお酒で、
熟成の良さをお試し下さい。

価格は、一合 ¥990

     
一茎 有機山廃(伏見)    一茎 自然酒7・8号(山形)
 
  まつもと有機山廃(伏見)
平成19年仕込
 
一茎有機山廃 
 
 一茎自然酒7・8号    まつもと有機山廃平成19年仕込
   
この3本は、店主一押しのお酒の面々の欄と重複しています。
詳しい説明は、どうぞそちらをご覧下さい。
   
   
大七 自然酒(福島) 

  諏訪泉 田中農場(島根)
平成19年仕込 
    諏訪泉田中農場 

生酛造りで有名な大七が、
米は、有機五百万石

酒造りは、
人工的添加物を一切使用しない伝統製法
 
人工的な乳酸を添加する速醸酛ではなく、
自然界の微生物に全てをゆだねる生酛系酵母で
醸したお酒です。

自然な味、そしてふくいくたる味
是非お試し下さい。

価格は、一合 ¥850
   
米は有機栽培で有名な田中農場
山田錦を55%に精米。

酸の効いたまろやかな味は、
食事にピッタリと合います。


価格は、一合 ¥750
     
旭菊 大地(福岡) 

 
  独楽蔵 無農薬米(福岡) 
平成20年仕込
旭菊 大地    独楽蔵無農薬 平成20年仕込 

福岡のお酒で、熱燗の王道を行く味です。
イメージとは異なり、南に行くほど、熱燗酒の宝庫
なのです。(北は冷や)

米は古川伊津雄さんの無農薬山田錦
飲み飽きしない一品です。
是非、九州の日本酒。お試しを・・・・・。

とともに、これを作っている旭菊酒造さんは、
平成22年、火災の為仕込蔵・貯蔵庫まで全焼。

皆さん、是非これを飲んで旭菊酒造さんの再建に
ご協力をお願いします。

価格は、一合 ¥720
 
 
やはり福岡のお酒で、熱燗にバッチリ

米は
西原芳幸・萩原和正・古川伊津雄・堀田勝幸
さん等4名の無農薬山田錦。
 
コンセプトは
食と体に馴染み、しみじみ旨いと思える酒を、
そして自分達が心から旨いと思える酒を

という事からこの酒が生まれました。

是非、熱燗でお試し下さい。

価格は、一合 ¥720
    ↑TOP 
   まずは店主一押しのお酒の面々より


山根酒造場 日置桜伝承強力(鳥取)
平成19年仕込
 
  まつもと有機山廃(伏見)
平成19年仕込
 
日置桜 伝承強力平成19年仕込     まつもと有機山廃平成19年仕込

米は強力 精米55%7号酵母です。

酒米 強力は日本最長の 長桿品種で、
栽培が大変な為、昭和30年頃絶滅に瀕しましたが、
昭和62年、復活に成功。

(HP、他のところでも書いていますが、
昭和30年頃、日本は大量生産時代に入り
数多くの良い素材が絶滅に追いやられました。

店主は出来るだけその復活した物を
一茎庵で紹介したいと思っています。)

強力はその名の通り非常に強いお酒で、
開栓してから毎日味がのって変わっていくのを
楽しむのが、店主は大好きです。

価格は、一合 ¥800
   
有機五百万石で醸したお酒。

現在、熟成し理想的な味に仕上がっています。
超飲み頃です。

価格は、一合 ¥780
     
 大矢孝酒造 昇龍蓬莱純米吟醸(愛川町)
平成20年仕込

  川西屋酒造店 丹沢山麗峰(山北町)
平成20年仕込
 
昇龍蓬莱純米吟醸平成20年     丹沢山 麗峰平成20年仕込

店主が最も注目している酒蔵の一つで、
神奈川県愛川町に有ります。

阿波山田錦55%精米で醸した
日本酒の本道を行く味で、
食中酒として幅広く楽しんで頂けます、

一度、地元神奈川の酒を飲んでみて下さい。

価格は、一合 ¥840
   
やはり、店主が最も注目している酒蔵の一つで、
阿波山田錦55%精米で醸した、
日本酒の本道を行く味。
酒の良さがにじみ出ています。

何せ、皆様に飲んで頂きたいお酒です。

左記の昇龍蓬莱純米吟醸と同じ米・同じ精米
ですが、仕込方及び仕込水の違いで、
違う酒になるのが面白いです。

是非両方飲み比べてみて下さい。

価格は、一合 ¥840
     
一茎 自然酒7・8号(山形)
 
  一茎 有機山廃(伏見) 
 一茎自然酒7・8号   一茎有機山廃 
 
蔵元は山形

コクがあるのにスッキリした飲み心地
毎日飲んでも飽きない味です。

又、完全無農薬出羽燦々60%精米の為       
体にす~っと入っていく感じです。
もちろん体にも優しいお酒です。

現在、2008年度
    2007・2008年度のブレンド
両方が有ります。

価格は、一合 ¥990
 
蔵元は京都伏見。 

つまみとの相性の幅が広く
飲み飽きしないお酒です。

お米は越前大野五百万石有機米65%精米です。 
現在、2008年、2009年が有ります。

価格は、一合 ¥780

また、このお酒は、大事な料理の料理酒として
使われています。

特に、蕎麦つゆについては
このお酒を700cc使い700ccの蕎麦つゆ
作っています。
     
↑TOP 
     
     
真夏の熱燗     酒 真夏の熱燗 
    一茎庵が特にお勧めする酒です

一般的な感覚では、夏、特に30℃を超すと、まず、冷たいビール
そして、酒は冷や

ところが、一茎庵でお勧めしているのは、
真夏、特に30℃を超えたら絶対“熱燗
それも、水でアルコールを10%位まで落として極熱燗

一般的に
良い酒と言われている物は“コク”が有るので、どうしても真夏になると
若干重たい。
そんな時、彗星のように登場するのが、この酒。

ちなみに、酒はササニシキ
キリッとしてキレがあり、真夏にはぴったりなんです。

でも、そうは言っても信用して頂けないと思います。
真夏に熱燗なんて・・・・・と。

だまされたと思って一度チャレンジしてみてください。

きっと、夏の酒の概念が変わると思います

一茎庵が自信を持ってお勧めする一本なんです。

どうぞ、注文してみてください。
     
     
 
 
日本酒の小売価格について
本来、日本酒は、加水した一般的なアルコール度数 15~16°の酒は
(本来原酒は18~19°で強すぎるので、メーカーが出荷する時に水で15~16°薄めています)
純米酒の場合 原酒 一升に白米 900g
アルコール度数 15~16°の場合、 白米 754g 精米歩合 65% とすると
玄米 1160g  一番安い酒米は 22000円/60Kg

酒 一升の米代は425円

この米をそのまま店頭で売ると
  問屋マージン   12%
  小売マージン   30%
  酒税       200円+消費税  で計算すると 約935円

ちなみに、特上米を使った場合 酒米は 40000円/60Kg
精米歩合 55% とすると、実に1768円になります。
流通させた場合の最低価格です
もちろん、精米代・制作費・人件費を含まない値段です。

そして、一般的な酒蔵の場合、5000本位/1人1年 程度の生産量です。
ですから、どんなに頑張っても、2000円/一升 がぎりぎりの最低価格かと思っています。

名前は怒られるといけませんので、言えませんが、
某メーカーはアルコール度数を 15.5°→ 14.5°として 7%
        問屋を通さないことによって  12% のコストをカットして
        2040円を実現して、非常に良い酒を造っています
      
そう、日本酒とは本来、とても高いのです。
そして、とても旨いのです

でも、安いまがい物の日本酒がいっぱい氾濫しています。
そして、日本酒嫌いな人をいっぱい増やしているという悲しい現実が有ります。

一人でも多くの人に日本酒を好きになって頂けるよう、頑張っています。

どうぞ、宜しくお願いします。
↑TOP
     

一茎庵
〒243-0001 神奈川県厚木市東町6-12
電話      090-4716-1118